交付してもらうにはまずは印鑑証明の手続き

クルマを買い取ってもらう場合や、それから自動車の買い取りの時も印鑑証明という書類が必要になります。お金借りる

それではこの印鑑証明について解説していきます。青汁ダイエット

印鑑証明というのは、ある印鑑に対して、それが実印として認められていることを実証するための正式な書類です。ブラックでも借りれる金融機関極甘審査ファイナンス

印鑑証明書がなければその印鑑について実印として認められているということが裏付けられません。登録販売者

大金が動く取引になる該当する車の買取なので実印が必要ですが、それと同時に印鑑証明というものが要るのです。

役所で印鑑証明を交付してもらうにはまずは印鑑証明の手続きをしなければなりません。

登録する印鑑は正式には実印と言われこの世に一つだけのはんこである必要があります。

この印鑑を用意してお近くの役所の担当部署に行くことで、印鑑登録できます。

手続きが終わると、印鑑登録カードが交付され登録したハンコは実印として認められたということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうには、役場へ出向き印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を記載して印鑑登録カードを出すだけです。

他にも、自動交付機で印鑑証明書を発行する事が可能です。

印鑑証明には有効期限はありません。

なので、いつ取得した印鑑証明だとしても証明書としての効力は持続するのです。

しかし自動車買取の際には効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものが有効とされています。

ほとんどのケースで有効期限の定めはないのですが、愛車の買取の際には、店側が必須となる有効期限を教えてくれるので仮にクルマ買取の予定があるのであれば、はじめに用意しておくとよいでしょう。

コンテンツメニュー

    Link